2015年10月6日火曜日

活動報告

プライベート勉強会「プラ村塾」で理事長が講師 10/2

ルスツパラグライダークラブの滝沢氏が、職場で自主的に開催している勉強会のテーマとしてパラグライダーを取り上げることとなり、私が講師を務めました。
これまで撮りためた道内各地のエリアでのフライト写真などスライド約150枚を使って、
○様々なスカイスポーツ
○パラグライダーの歴史
○パラグライダーを始めるには
○パラグライダーの楽しみ方
○ソアリングスポーツとしてのパラグライダー
○パラグライダーの可能性などについて
等を一般の方々に紹介しました。
参加者からは、「これまで75回も開催してきた中で一番面白かった」との言葉(リップサービス?)もいただき、パラグライダーの普及に少しは貢献できたと考えています。
濱田 革 
 


大会報告

HOSPA CUP 2015 in 島牧 9/26~27


昨年大会が成立し、期待込めて20名の選手が集合。
土曜日の懇親会は、今年始めて参加する選手もおり、大いに盛り上がりました。
しかしながら、26日は南風、27日は強風で、今年は飛べずに終わりました。
まだ、これから飛べるチャンスはありますので、是非「寄ってけ島牧」で手続きをし、フライトして下さい。
 

 

大会報告

ニセコスカイラリー2015 9/19~22

約10年ぶりに全国大会として開催。
全国各地から52名のJリーガーが集まり、50機以上のパラがニセコの空を舞いました。
競技日3日間とも天候が不安定で、大会成立が危ぶまれましたが、最終日、晴天による南風が本流の北西風を押さる中競技がスタート。
見事、4名がルスツゴールの31.2kmを飛びきり大会が成立しました。
19日の公式練習日を含め4日間の内2日しか飛べませんでしたが、全国から集まった選手からは、スケールの大きなフライトができて楽しかった、これからも毎年開催指定ほしいとの言葉をもらいました。
また、ニセコ・道南のクラブ員を中心にスタッフも総勢約20名。
クラブハウスに合宿しながらの大会運営でしたが、懇親会での各地の選手との交流、毎晩の競技委員長ファルホーク岡氏も交えて酒盛りなど、スタッフもそれぞれ充実した時間を過ごしました。
今後については、開催時期は6月がいいのか9月がいいのか、道内のフライヤーが参加し易い大会がいいのか、毎年スタッフ確保可能かなどについて検討し、何らかの形で続けて行きたいと考えています。
大会の内容や参加選手は↓参照。
http://nisekoskyrally2015.info/index.html
大会結果は↓参照。(成績表もページの下にリンクがあります)
http://www.hangpara.jp/pgc/cgi-bin/flash/j-league/report.cgi

このサイトについて

● このサイトの情報が原因で事故やトラブルがあったとしても、当連盟は一切の責任は負いません。あくまで参考程度にし、自己の責任の範囲においてご利用下さい。
●このサイトは、HHPFの会員である個々のフライヤーが提供する情報を掲載している ものです。掲載希望、訂正等は管理人である組織運営委員会に直接ご連絡下さい。